<< 一般的にマイカーを鑑定に出すタイ | main |
2017.09.11 Monday

いつでもどこでもアクセスできるのがコレ

0

    「「タウ」 ビットコインで事故車売買決済 さいたま /埼玉 - 毎日新聞」 より引用

    「タウ」 ビットコインで事故車売買決済 さいたま /埼玉毎日新聞同社は1999年、事故車を買い取り、日本車のニーズが高い東南アジアやアフリカなど新興国に輸出するサイトを開設。特に東日本大震災が発生した2011年からの6年間では、津波や豪雨災害などで水没した車約6000台買い取り、国内を含め半数を販売した。 ビットコインは?...…(続きを読む)

    引用元:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNHEprsFvPv20CXz9_qAdWeovU8moA&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&ei=DMO1WfDdGofk8QWDj6uYDg&url=https://mainichi.jp/articles/20170711/ddl/k11/020/244000c


    いつでもどこでもアクセスできるのがコレまでの車一括評定ホームページからの見積り依頼です。
    いくつかの業者の見積りを短い時間でチェックできてしまうのですから非常に助かります。
    ただ、不便なところもないわけではありません。
    例えばウェブだからと夜中に評定を申し込むと、これから寝るぞという時に夜間営業のクルマ屋などから電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。
    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、インターネットで連絡先を登録する際は気をつけましょう。
    買取専門の業者を使って愛車見積をする時、とりわけ気を付けたい事は、最初から客をダマすつもりの、誠意の無いショップにカモられないようにすることです。
    レートが変わったのでなどと言い理由をし、初回見積額から次々と金額を下げていく、契約書類の制作をせず、大切な金額などについても口ヤクソクで終わらせようとする、振り込みが遅過ぎる、など細かなイザコザは枚挙に暇がないのです。
    あくまでバイラルであり、100%本当かどうかはわからないものの、愛車の鑑定においては、一般にポピュラーな大手業者ですら、客を惑わせにかかるケースもなくはないので、油断は禁物です。
    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手つづきが必要です。
    手初めに査定ホームページなどから申し込み、机上査定の金額をしることから初まります。
    そして業者が来て実車査定を行ない、買取金額の提示となります。
    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。
    契約すればあとは車とキーを業者に渡す事になります。
    そして先方による書類上の手つづき等を経て代金の振込があります。
    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。
    買取対象の車を直接見て鑑定してもらうためには、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、自宅まで来てもらうことも可能です。
    ほとんどの買取業者は契約の有無にか変らず無料で評定に来てくれます。
    という事は、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。
    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。


    2017.09.11 Monday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする